保育方針


「ひとりひとりの人格を尊び、守り育てる」

子どもの人権を第一に考え、子ども達に最善の環境(人、物、場)を与えることができるように常に研鑽し、子ども達一人ひとりに寄り添う保育を行う。 また、子ども達を取り巻く多くの人々についても充分尊重し、子ども達の成長に生かせたい。

 

「安全で安心 中庸な保育」

保育所には様々な家庭環境の方が子ども達を預けている。 特色を前面に出し過ぎて一部の方のみに受け入れられるような保育内容ではなく、何が普遍かを常に求め福祉的でスタンダードな保育を実現し、 多くの方が利用しやすい保育園を目指し運営する事によりバランスの取れた人格の育成をしていきたい。
子ども達にとって安全で、安らぎを得られる場であることを前提として、子ども達の感性を充分に刺激し、磨けるような保育を展開する。

 

「協調、おもいやり、相互援助」

子ども達のよりよい成長は安定した環境の中にある。 子どもを取り巻く人々が信頼しあえるように相互の人間性を高め、何が子ども達にとって良いかを共に考え研鑽し、地域、保護者にとって利用しやすい施設を目指し、子ども社会全体の向上へ寄与する。

 

 

 

保育目標


充分に養護の行き届いた環境の下、くつろいだ雰囲気の中で子どもひとりひとりの欲求を満たし生命の保持、情緒の安定を図る。

 

・健全な心身を持つ子ども

・命の尊さを感じられる子ども

・自発的、積極的に行動できる子ども

・自己表現のできる子ども

・思いやりのあるやさしい子ども

・保護者や子育て全般に対しての支援